イベントについて

kaba_bl
架空の本屋さんの架空のブックカバー展をさらにもっと愉しめる、
そんなイベントも各会場でご用意してみました。

約300人のブックカバー展 in OSAKA

約300人のブックカバー展最初の開催地「大阪」。ここでは「架空書店員ナイト in OSAKA」「レトロ印刷JAMさんのワークショップ」。そして気になる架空書店員ナイトのトークショーは主催メンバーによるココでしか聞けない「ブックカバー展裏話」です!

 架空書店員ナイト in OSAKA

架空書店員ナイトosaka

日時:9月20日(土) 16:00-19:00

場所:梅田ロフト 5階ロフトフォーラム

大阪のCalo bookshop & cafeさんが開催されている、本屋さんに勤めている方や出版社の方が集まって交流する人気のイベント「書店員ナイト」。今回、特別にCalo bookshop & cafeの了承を得て、架空の書店員が集まって交流する『架空書店員ナイト』を開催します!
参加された作家さんはもちろん、架空の本屋さん、架空の編集者さん、架空の出版社さんなどなど、本や紙、ブックカバーがお好きな方はどなたでもご参加頂けるレセプションパーティー(交流会)です。勿論入場無料!交流会前にはトークイベントもありますので、みなさまゆるい感じでふらりと遊びに来て下さい!

トークイベント「約〇〇人のブックカバー展ができるまで」

kof_megane550

昨年9月に初めて梅田ロフトで開催した「約100人のブックカバー展」第2回は会場を東京に移し渋谷パルコで開催、第3回目となる今回は「約300人のブックカバー展」と題し、大阪・東京・名古屋の三都市6会場で開催と、なんと3倍の規模になった本企画。どういった経緯で生まれたのか、どんな展開をして、どんな苦しいこと、嬉しいことがあったかなど、制作裏話を主催の3人がザックバランに語ります。

日時:9月20日(土) 16:00-17:00
出演 kof book sellers union
   村上淳一(駒鳥文庫)
   米田雅明(ON THE BOOKS)
   吉村祥 (FOLK old book store)
※入場無料


 レトロ印刷JAMさんのワークショップ

workshop
大阪のレトロ印刷JAMさんがワークショップを行います。
ブックカバーを印刷しているレトロ印刷と同じ「孔版印刷」の仲間のシルクスクリーン。
自宅でできるシルクスクリーンTOYを使ってその場で布や紙に印刷します。
ノートか、布のブックカバー(布用ボンド※別売 を使ってブックカバーを作れます)をお持ち帰りいただけます。

日時:9月27日(土) 13:00~17:00

場所:梅田ロフト 5階ロフトフォーラム
料金:1080円
  
WS_01
※ご予約不要。お並びいただく場合がございます。
 

レトロ印刷JAM
レトロ印刷JAMは孔版印刷を専門にした印刷会社で、印刷物としては、ダメとされている「ズレる、かすれる、インクが落ちる」をメリットと捉え、
偶然の印刷を楽しみ「印刷と遊ぶ。印刷で遊ぶ。」を大切にしています。
2014年6月には中崎町から中津へ移転し、お店もぐーーーんと広くなりました。 お店ではレトロ印刷と同じ孔版を使った「シルクスクリーン」や金属への印刷「マーキン グ印刷」、元祖孔版「ガリ版」が使えるワークスペースがあります。レトロ印刷を使った紙雑貨も買取り・販売しています モノづくり初めての人でも、原稿づくりや、加工もできる場所と道具もそろっていますのでお気軽にきて色んな体験をしてみてください!

大阪府大阪市北区豊崎6丁目6番23号
TEL : 06-6225-8186 (ワークショップ・ワークスペースに関するお問い合わせ)
TEL : 06-6485-2602 (印刷・その他のお問い合わせ)
WEB : http://jam-p.com
EMAIL : kita@jam-p.com






約300人のブックカバー展 in TOKYO

東京会場では、今本屋業界で噂の「和歌山」をフィーチャーしたトークショーもある「架空書店員ナイト in TOKYO」とブックカバー展ではお馴染み「レトロ印刷JAMさんのワークショップ」に加え、ホナガヨウコさんのダンスによる本紹介(!)とインターネットラジオ公開収録と盛りだくさん!

 架空書店員ナイト in TOKYO

架空書店員ナイトtokyo

日時:10月4日(土)

場所:15:00-16:00 【トークショー】 渋谷PARCO PART1 B1F PARCO GALLERY X
   17:00-19:00 【レセプション・交流会】 LOFT&  7階ロフトフォーラム

大阪のCalo bookshop & cafeさんが開催されている、本屋さんに勤めている方や出版社の方が集まって交流する人気のイベント「書店員ナイト」。今回、特別にCalo bookshop & cafeの了承を得て、架空の書店員が集まって交流する『架空書店員ナイト』を東京でも開催します!
参加された作家さんはもちろん、架空の本屋さん、架空の編集者さん、架空の出版社さんなどなど、本や紙、ブックカバーがお好きな方はどなたでもご参加頂けるレセプションパーティー(交流会)です。勿論入場無料!交流会前にはトークイベントもありますので、みなさまゆるい感じでふらりと遊びに来て下さい!

トークイベント「楽しい和歌山」


この話題を聞いたとき、思わず「マジっすか!」と久しぶりにワクワクしました。それは

「京都のガケ書房が和歌山に新店オープン!」

2014
年の本屋業界における最大の話題のひとつであること間違いないこのニュース。東京でもなく名古屋でも北海道でも沖縄でもない「和歌山」今いったい
和歌山でどんな楽しいことが起こっているのか?


“書店業界不景気ド真ん中の昨今なのに、ガケ書房はコンビニも人もいないけど、山と
川と星とみかんと梅干と中上健次と土地と天然温泉がある和歌山県新宮市の元小学校の教
 室を再利用して新店舗始めます。何を考えてる?”

 ~
ある日のガケ書房ツイッターより
 ~


今回のトークショーはその仕掛人である
ガケ書房の店主山下賢二さんと、和歌山と言えばこの人、山奥の愛され本屋さんイハラ・
 ハートショップの井原万見子さんをお招きし、和歌山の魅力、本屋への思い、東京ではな
かなか聞けない関西本屋事情など、今までとはちょっと違った「本屋のあり方」について探っていきます。



日時:10月4日(土) 15:00-16:00
会場:渋谷PARCO PART1 B1F PARCO GALLERY X
出演:山下賢二(ガケ書房
   井原万見子(イハラ・ハートショップ
   [聞き手:吉村祥(FOLK 
old 
book
 store)]
※入場無料

ガケ書房 山下賢二
yamashita_san1972年京都生まれ
東京にて編集者、印刷工、古書店店主などを経て、
2004年、書店・ガケ書房を創業。
2014年、編集企画グループ・ホホホ座を結成。
編著に、『わたしがカフェをはじめた日』



イハラ・ハートショップ 井原万見子
ihara_san和歌山県旧美山村(現日高郡日高川町)生まれ。イケモト書店枚方本店勤務を経て1995年紀伊半島の真ん中にある本屋イハラ・ハートショップ(夫が経営)の、ひとり店長になる。著書に「すごい本屋!」(2008年:朝日新聞出版)

— 「うちの村にも、本屋があったらええんやけど…」そんな村の人たちの声に応えてできた山奥の本屋さん。まわりにはほかにお店がないので、お塩や洗剤も売っています。 村の子どもたちに本の世界を知ってほしいと 今日も絵本をかついで読み聞かせに走り、楽しいイベントを企画します。「かいけつゾロリ」の原ゆたかさんをイノシシと出迎え、昆虫少年と今森光彦さんをお宮の森で対面させる…。子どもたちの目が輝きだしたら、大人も動き出す。本屋さんほど素敵な商売はない。ーー」




 ホナガヨウコの踊る本棚

honaga_san

photo : Kimihiko Nitta


あなたのオススメ図書がダンスになる!?

誰にでも、何度も読みたくなるような、お気に入りの一冊があるものです。
そんなあなたのおすすめ本の、あらすじや雰囲気、好きなポイント等をダンスパフォーマーのホナガヨウコさんが、その本をイメージしたダンスで紹介してくれます!
そしてダンスの後は素敵なゲストを迎えてインターネットラジオ『ホナガと千原のヤギさんラジオ』の公開収録もあります!本とダンスの素敵な出会い!みなさん是非遊びにきて下さいね。

[ダンスにして欲しいおすすめ本募集中!]
ホナガヨウコさんにダンスにして欲しいあなたのおすすめ本の、あらすじや雰囲気、好きなポイント等を info@folkbookstore.com までメール、またはツイッター @kof_books までリプライかDMで教えて下さい。抽選で3名様のおすすめ本を、ホナガヨウコさんがイベント当日ダンスで紹介してくれます!お名前は「ニックネーム」または「架空の書店名」でも大丈夫。応募締切は10月6日(月)。みなさん是非ご応募下さい。
※イベント当日にご来場いただける方を優先いたします。実際にお話ができたらうれしいです。

日時:10月13日(月・祝) 15:00-16:00

場所:LOFT&  7階ロフトフォーラム

ホナガヨウコ
ダンスパフォーマー/振付家。ホナガヨウコ企画主宰。 実験的でありつつキャッチーでポップな振付と、荒々しく激しい自由なソロダンスに定評がある。音楽と身体のセッションを得意とし、これまでにトクマルシューゴ、テニスコーツ、原田郁子、環 ROY、d.v.d、サンガツ、木下美紗都など多くのミュージシャンとコラ ボレーション。
振付の代表作に TV「NHK Eテレ/シャキーン!」
CM「アイルミネ」
MV「サカナクション/僕と花」「ゆず/LAND」「サンボマスター/スローモーションラブ」「家入レオ/a boy」ショー「サンリオピュー ロランド/キキ&ララの星空の旅」「東京パフォーマンスドール/千夜一夜」など。その他モデルや役者としての出演、音楽・映像制作など、その活動は多岐に渡る。
2014年より、アートディレクター・千原徹也と共にインターネットラジオ『ホナガと千原のヤギさんラジオ』にてMCを務める。
www.honagayoko.com
 

スペシャルトークイベント -ホナガと千原のヤギさんラジオ-

yagisan_radio
ダンスパフォーマーのホナガヨウコさんと、アートディレクターの千原徹也さんによるインターネットラジオ『ホナガと千原のヤギさんラジオ』の公開収録を行います。ゲストには、荻窪のブックカフェ6次元のナカムラクニオさんをお迎えし、本、本屋、人、場所、イベントのこと等、多岐にわたりお聞きします。

日時:10月13日(月・祝) 17:00-

場所:渋谷PARCO PART1 B1F PARCO GALLERY X
出演:ホナガヨウコ(ダンスパフォーマー)
   千原徹也(アートディレクター)
   ナカムラクニオ(6次元)
※入場無料

【ホナガと千原のヤギさんラジオ】
“普段喋る仕事ではない人が喋りに来るラジオ”をコンセプトに、ダンスパフォーマーとアートディレクターという異色の組み合わせのパーソナリティーが、クリエイティブな話題を繰り広げる番組です。デザイン、空間、写真、映像、舞台、雑誌 といった多種多様な分野からクリエイターやアーティストのゲストを招きつつ、リアルな制作現場の生の声をお届けします。新しい週の始まりに何かに向かって動き 出したくなるような、貴方の創造力と好奇心を刺激する番組づくりを目指します。ちなみに番組タイトルにある「ヤギさん」はこの番組のイメージキャラクターとして、のんびり盛り上げてくれます。もしかしたら時々放送中にも登場するかもしれません!

放送配信日時 : 毎週月曜
番組の聴取方法:PC・携帯から公式ウェブサイトにアクセス or iTunes のPODCAST を登録してダウンロードして聴く
出演:ホナガヨウコ(ダンスパフォーマー)
   千原徹也(アートディレクター)
+月に1、2回トークゲストをお招きします。
http://yagisanradio.com/

千原徹也(れもんらいふ)
アートディレクター。
デザインオフィス「株式会社れもんらいふ」代表。広告、装丁、ファッションブランディング、WEBなど、デザインするジャンルは様々。主なアトディレクションに、森美術館「六本木クロッシング2013、PARCOシブカル祭2013、絢香CDジャケットデザイン、mypanda、ZUCCa25周年キャンペーン、ルミネファッションキャンペン、ラフォレクリスマス2012、舞台「遠い夏のゴッホ」、舞台「100万回生きたねこ」、レスリーキー写真集、菊地凛子web、TAOweb、ZoffSMART、きゃりーぱみゅぱみゅ振り袖、秋元梢本など。またメイクアップアティスト濱田マサルによるコスメブランドの商品プロダクトデザインや、洋服ブランドZUCCaとのコラボレション「ZUCCaLEMONLIFECO.」を11月に立ち上げるなど、グラフィックの世界だけでなく、デザインの幅を広げている。
http://www.lemonlife.jp

今回のゲスト:ナカムラクニオ
6_jigen1971年東京生まれ。荻窪のブックカフェ「6次元」店主/映像ディレクター。趣味は、世界 の本屋とカフェ巡り、器の金継ぎ。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方~都市型茶室「6次元」の発想とは』『さんぽで感じる村上春樹』などがある。「一日一字」(新潮社)、「デザインガール図鑑」 (+DESIGNING)、「世界の果ての本屋さん」(DOTPlace)、「ブックカフェ6次元が選ぶ一冊」(ガジェット通信)など連載中。




 レトロ印刷JAMさんのワークショップ

workshop
大阪のレトロ印刷JAMのスタッフが、自宅でできるシルクスクリーンTOYを使って布や紙 に印刷する簡単ワークショップを行います。
ブックカバーを印刷しているレトロ印刷と同じ「孔版印刷」の仲間のシルクスクリーン。いつものオリジナルの図案が作れるものとはちょっと違いますが、初めての人でも簡単に体験出来る内容にしました!
無線綴じのノートか、布のブックカバー(布用ボンド ※別売 を使ってブックカバーを作れます)に好きな図案を選んでシルクスクリーン体験!

日時:10月11日(土)

場所:12:00~14:00 LOFT&  7階ロフトフォーラム
   15:00〜18:00 渋谷PARCO PART1 B1F PARCO GALLERY X
料金:1080円(ノートかブックカバーをお持ち帰りいただけます)
  
WS_02
※ご予約不要。お並びいただく場合がございます。
 

レトロ印刷JAM
レトロ印刷JAMは孔版印刷を専門にした印刷会社で、印刷物としては、ダメとされている「ズレる、かすれる、インクが落ちる」をメリットと捉え、
偶然の印刷を楽しみ「印刷と遊ぶ。印刷で遊ぶ。」を大切にしています。
2014年6月には中崎町から中津へ移転し、お店もぐーーーんと広くなりました。 お店ではレトロ印刷と同じ孔版を使った「シルクスクリーン」や金属への印刷「マーキン グ印刷」、元祖孔版「ガリ版」が使えるワークスペースがあります。レトロ印刷を使った紙雑貨も買取り・販売しています モノづくり初めての人でも、原稿づくりや、加工もできる場所と道具もそろっていますのでお気軽にきて色んな体験をしてみてください!

大阪府大阪市北区豊崎6丁目6番23号
TEL : 06-6225-8186 (ワークショップ・ワークスペースに関するお問い合わせ)
TEL : 06-6485-2602 (印刷・その他のお問い合わせ)
WEB : http://jam-p.com
EMAIL : kita@jam-p.com






約300人のブックカバー展 in NAGOYA

約300人のブックカバー展最後の開催地は「名古屋」。もちろん「架空書店員ナイト in NAGOYA」「レトロ印刷JAMさんのワークショップ」もありますよ!そして気になる架空書店員ナイトのトークショーは「動物会議 in NAGOYA」ゲストはシマウマ書房の鈴木創さんをゲストにお迎えして、大阪と名古屋の書店事情など、ここでしか聞けない話満載です!

 架空書店員ナイト in NAGOYA

架空書店員ナイトnagoya

日時:10月10日(金) 17:30-19:30

場所:ロフト名古屋 1階ロフトマーケット

大阪のCalo bookshop & cafeさんが開催されている、本屋さんに勤めている方や出版社の方が集まって交流する人気のイベント「書店員ナイト」。今回、特別にCalo bookshop & cafeの了承を得て、架空の書店員が集まって交流する『架空書店員ナイト』を大阪・東京に続きここ名古屋でも開催します!
参加された作家さんはもちろん、架空の本屋さん、架空の編集者さん、架空の出版社さんなどなど、本や紙、ブックカバーがお好きな方はどなたでもご参加頂けるレセプションパーティー(交流会)です。勿論入場無料!交流会前にはトークイベントもありますので、みなさまゆるい感じでふらりと遊びに来て下さい!

トークイベント「動物会議 in NAGOYA」

kaigi_nagoya

渋谷ロフトの『旅する約100人のブックカバー展』から始まった、
様々な「屋号に動物の名前が付いている本屋さん」をお招きし、
そのほんやさんの謎や秘密にせまるトークイベント『動物会議』
第一回目の東京篇での「いか文庫」さんに続いて、
ここ名古屋では「シマウマ書房」さんをゲストにお招きし、
屋号の由来やお店のこと、はたまた名古屋と大阪の書店事情など
ざっくばらんにお話ししたいと思います。

日時:10月10日(金) 17:30-18:30
出演:鈴木創(シマウマ書房)
   村上淳一(駒鳥文庫)
聞き手:米田雅明(オンザブックス)
※入場無料

鈴木 創(すずきはじめ)
suzukiシマウマ書房 店主
1973年東京都生まれ。2006年に名古屋市千種区の本山駅近くに古書店シマウマ書房を開業。著書に『なごや古本屋案内』(風媒社)。この秋、7回目の開催となる名古屋における本のイベント「ブックマークナゴヤ」実行委員。


 レトロ印刷JAMさんのワークショップ

workshop
大阪のレトロ印刷JAMさんがワークショップを行います。
ブックカバーを印刷しているレトロ印刷と同じ「孔版印刷」の仲間のシルクスクリーン。
自宅でできるシルクスクリーンTOYを使ってその場で布や紙に印刷します。
ノートか、布のブックカバー(布用ボンド※別売 を使ってブックカバーを作れます)をお持ち帰りいただけます。

日時:10月25日(土)

場所:
   12:00-14:00 ロフト名古屋 1階ロフトマーケット
   15:00-18:00 名古屋PARCO 西館7階特設会場
料金:1080円
  
WS_01
※ご予約不要。お並びいただく場合がございます。
 

レトロ印刷JAM
レトロ印刷JAMは孔版印刷を専門にした印刷会社で、印刷物としては、ダメとされている「ズレる、かすれる、インクが落ちる」をメリットと捉え、
偶然の印刷を楽しみ「印刷と遊ぶ。印刷で遊ぶ。」を大切にしています。
2014年6月には中崎町から中津へ移転し、お店もぐーーーんと広くなりました。 お店ではレトロ印刷と同じ孔版を使った「シルクスクリーン」や金属への印刷「マーキン グ印刷」、元祖孔版「ガリ版」が使えるワークスペースがあります。レトロ印刷を使った紙雑貨も買取り・販売しています モノづくり初めての人でも、原稿づくりや、加工もできる場所と道具もそろっていますのでお気軽にきて色んな体験をしてみてください!

大阪府大阪市北区豊崎6丁目6番23号
TEL : 06-6225-8186 (ワークショップ・ワークスペースに関するお問い合わせ)
TEL : 06-6485-2602 (印刷・その他のお問い合わせ)
WEB : http://jam-p.com
EMAIL : kita@jam-p.com






LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>